読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霊安日記

jf_nights の霊安草子。

第18日目 エジプト

こんばんは。じぇにです。
これは じぇにの師走徒然伝2016 Advent Calendar 2016 - Adventar の第18日目の記事です。

今日は
www.bunpaku.or.jp
に行ってきました。
2000年ぐらいから何度かやってるらしいです。

写真はxだったのであまり資料がありませんが、ピラミッドとファラオとその他貴族や庶民たちが佇んでいました。
ファラオの権力が強かったのは先王朝ぐらいで、中後期はわりと貴族たちが強かったみたい。
その辺は作られる像に見られて、初期はファラオの顔はめっちゃ凛々しくて理想って感じの顔をしてるんだけど、中期ぐらいからだんだん暗くなってきて、身体は凛々しいんだけどどこか苦渋の顔になってきてた。
ピラミッドの建設には国民の99%が参加したそうで、ちゃんと作業の報酬としてパンとビールを貰っていたそう。
当時のピラミッド建設は国民にとっては栄誉あることで、皆すすんで参加していた?

とりあえず人が多かった。おばあさん多かった。子供連れの家族もいたし、外国人もけっこういた。

それにしてもピラミッド建設とかあの辺の技術力すごいよね。宇宙人やら古代の超文明やらあってもおかしくなさそう。
文明成立からわずか500年であんな巨大建築が出来るのか……という感じ。
ピラミッドの中もいろいろ複雑だったり隠し部屋があったりとロマンを感じる。

ただピラミッドの内部を調査するのって、どうなんだろう。一般人で考えたら、先祖の墓を暴かれてるんだよね。
考古学的知見といって許されるものなのかな。現地の人がどういう風に受け止めているのかちょっと気になる。我らの古代の神や神の子の墓を暴くなど言語道断!って言う人もいそうなもんだけどなぁ。
日本の天皇の墓も宮内庁が調査拒否してるとこあった気がする。個人的には、古代日本は気になるから調査してほしいけど、天皇一家が拒否するならそれには逆らえないよなぁって気もする。

PC前の仲間が増えました。
f:id:jf712:20161218153202j:plain
どっか旅行に行った時にいい感じの現地の置物があったら買ってきて並んでもらう、ってのをやってるんだけど、さすがにエジプト本体に行くのはまだちょっと難しそうなので、エジプト展で見つけたスフィンクスさんに頑張ってもらうことにしました。
売り場で隣に「ミイラ入りツタンカーメンの棺の置物」ってのがあって、このスフィンクスと同じくらいの大きさの棺の置物なんだけど、中に本当にミニミイラが入ってて、そっちとスフィンクスと迷ったんだけど、ミイラが動き出したらちょっと怖いなって思ってスフィンクスにしました。スフィンクスさんなら動きまわってても大丈夫そう。
仲良くやっていきたいものです。