読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霊安日記

jf_nights の霊安草子。

はっ

「じぇにくん、ちょっと太った?」
「!」


ここ数ヶ月(5月終わりくらいから)の一週間のご飯を思い返してみると、
月曜 昼:社食(びゅっふぇなので結構取れる) 夜:コンビニ弁当
火曜 昼:社食(びゅっふぇなので結構取れる) 夜:コンビニ弁当
水曜 昼:社食(びゅっふぇなので結構取れる) 夜:コンビニ弁当
木曜 昼:社食(びゅっふぇなので結構取れる) 夜:コンビニ弁当
金曜 昼:社食(びゅっふぇなので結構取れる) 夜:コンビニ弁当
土曜 昼:食べようと思ったらコンビニ弁当 夜:コンビニ弁当
日曜 昼:食べようと思ったらコンビニ弁当 夜:コンビニ弁当

という感じに最悪・ザ・コンビニ弁当マスターだったので、ちょっとダイエットしようと思います。
具体的には上記の コンビニ弁当 部分を別のものにしようかな、という感じです。

ただ、普通にご飯を予約炊きしときたいのですが、平日は何時に帰れるか分からないのがネックです。うーん どうしよう……。
大学二回生の時のスーパーダイエット法:TABENAI(特に何も食べない)を実践しようかとも思うのですが、業務が果たして務まるかどうか、少し不安なところです。
まぁお昼食べるしいいかな……。

とりあえずちょっと痩せるぞ~~~~~~~~~。


※ 追記
お酒は別腹です。jf_nights はいつでも日本酒をお待ちしておりますので、#reiankyo のtopic にある僕の現住所にいつでもお送りください!

今日のやっていく

本日のやっていくの進捗の様子です。

soundcloud.com

霊安京のエクストラステージはちょっと普段より設定を調べたり考えたのできっとイイハナシです。

?????

霊安京

小夜の指が体をなぞっていく。
「んんっ、あっ、くっ…」
自分の体を自分のものじゃない指が触れているのは、何とも言えない感触だった。
小夜の指は、的確に胸の頂点を避け、ひたすらにその周りを弄っていた。
どうして…、その、先を触ってくれないのだろう…。触ってほしい…おかしくなる…
全身の感覚、神経が全部そこに集まってきているようだった。
「んっ、小夜ちゃん…はぁっ、その…ひぅっ」
「どうしたのかしら、阿古」
「さ、先を…んんっ…!」
「…ふふっ、先がどうしたの」
小夜は分かっているのだ。分かっていて、あえて知らないふりをしている。
それがわかっている阿古は、もどかしくてもどかしくて、しかし自分ではどうにもできない。
その間にも、意識はどんどん高みへ持ち上げられていく。
実際、もうひと押しでいってしまう、そんなところまでは来ていた。
でも、やはり最後の引き金が足りない。
「お、お願いっ、…んっ、先でいかせてっ…はあっ…くだ…さいっ…」
もう我慢できない。
おかしくなる。
「…じゃあ、いかせてあげる…」
「…ッ!」
頂点を避けていた小夜の指が、一気に乳首を責め立て始めた。
「ふああぁぁぁっっっ」
先をつまんで、弄る。
ただそれだけの動作だったが、阿古にはもう我慢できなかった。
激しい快楽が、一気に意識を持っていく。
「だめっ…あぁっ…っ!」
快感が体を貪り、意識を保てない。
「…ほら、いっちゃいなさい」
ひたすら動く指。
「あっ…あぁっ…あああぁぁっぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
「(びくっびくっびくっ…)」
がくがくと震える体は、阿古がこれまで感じたことのない絶頂に達したことを物語っていた。

生存報告n日目

雑記

まぁ生きてる。
最近暑くてこのまま死ぬんじゃないかなって思いながら毎日寝て起きて……を繰り返してる。
まぁ京都も死ぬほど暑かったし何度か死んでた気もするなぁ。問題は、京都にいた時より外に出る時間が格段に増えた(主に朝)ことなんだけどね。朝死ぬような思いをして会社に着くけどもうそっからは生気もやる気もないしぐえ~~~。
会社はクーラーガンガンだからちょっとしたら生気は湧いてくるけど。

ゲームの方はちょいちょい作り直しててまたシステム面を作り直してる。車輪の再なんとか。くるくる。

先輩は最近死んでるっぽい。この前の土日は出勤だったっぽいし、火曜は泊まりがけ出社っぽいし、ひえ~って感じ。


晩ご飯のコンビニorスーパー弁当のゴミがその辺に散らかってて、あまりよくない部屋に思える。今週末親が来るらしいから、それまでに片付けないとなぁ……。


帰り道ふと、奥さんが欲しいなぁって気分になったんだけど、もうちょっとふわふわ考えてたら、これはもしかしたら誰かを好きとかそういうのじゃなくて、生物としての本能的な欲求なんじゃないかなぁって気がしてきた。人を好きになるっていうのは、あくまで気持ちの上でそういう気持ちになるように思考回路が組まれてたり頭の中の分泌物が出てきてたりするだけで、それを命じてるのは生き物としての欲求なのかなぁと。

だからなんやねんって話でもあるし、別にこれ以上言うこともないんだけど、ふとそういう気持ちになったという話。

某こーはいくんがよく(?たまに?)言ってたけど、三大欲求、食欲・睡眠欲・性欲ってよくよく言われてるけど、もうちょっと考えてみると根源の欲求は性欲であり、生存し子孫を残す欲求が真ん中にあって、あとの欲求は全てそれを補うための補助……というか助けになる欲求というのは、聴いててすごくそんな気がしてきたし今でも支持してる考え方だけど、生物としてつがいを要求するのもその辺りの性欲が指示してるのかなぁという感じがしなくもなくもって感じ。

とかいうのを考えながら帰りの電車の扉をくぐったのでした。おしまい。