霊安日記

jf_nights の霊安草子。

Hello World

どうもこんばんは、じぇにです。

北海道旅行続き書かないとですね。大変だ。


さて、9/20に公開されたアニメーション映画、『Hello World』観に行ってきました。
めっちゃ良かったです。

で終わるのも良かったのですが、せっかく文にするのだからもう少し何か書くかーと思ったので、自分の思考整理も兼ねて、僕が良かったなーーーーって思ったことを書くことにしました。
「ここ良かったよね~~~~」って言いあうのが好きなオタクです。

何が良かったのか

「全体の話は実は一行さんが堅書くんを助けるための話だった」
これが全てですね。もちろん最後のシーンでそれは分かるのですが、一連の流れが全て一行さんの堅書君救助プログラムだったと考えて話を観るとまた違うのではないでしょうか。
何よりも良かったと思ったのは、プログラム自体を企画しているのは一行さんだとしても、行動するのは堅書くんor先生の意志だというところです。つまり、堅書君なら必ずこうする、という一行さんから堅書の深い信頼があってのプログラムであり、さらに良いのは堅書君がその信頼にしっかり応える形で行動しているというところです。先生は2037年に一行さんを連れて帰ろうとしましたが、その時の台詞が後々思い出されました。器と中身が同調云々と言ってましたが、おそらく本来あのときに一行さんをそのまま残す形、つまり自分のためではなく一行さんのため(もしくは2027年堅書君のため(他人のため))に行動していれば、2037年先生の意識も戻れたのではないか……と妄想しています。本来少なくとも一行さんから見た堅書君は他人の為に行動できる人だったので。
そして終盤の堅書君を先生が庇うシーン、あの瞬間が先生が他人のために行動できた時だったのではないか。
先生が一行さんを助けたときにそのまま脳死状態になったとすると、器としては他人のために行動した瞬間で止まっているわけで、先生が堅書君を庇った瞬間に同調したというのも納得できます。

さてここで、ではいったい先生はどのタイミングで脳死状態になっていたのか、という疑問がありますね。
一つは、一行さんを助けようと何度も電子世界に入っている間に身体への負荷があまりにもかかりすぎて脳死状態になってしまった。ありそうですよね。背中も脊髄も大変そうだったし。
もう一つは、一行さんを助けたものの、助けた時点で脳死してしまい、今度は先生が戻れなくなってしまった。実は個人的にこっちを推していて、もしそうだとすると一行さんを助けるまで先生が頑張り、先生が倒れると今度は一行さんが先生を助けようと奮闘していた……というバックグラウンドが発生するわけです。
すごい二人じゃないですか???お互いがお互いを想い合っての行動ですよ!?まぁそうだとすると、という感じですが、めっちゃ良かった。

今回はこれが書きたかったです。推敲0でめちゃくちゃな散文ですが許してね。

以下雑多なこと。

  • カラスさんが一行さんだというのはなんとなく物語の途中で察したのですが、何故一行さんなのかをずっと考えながら観ていて、終盤やっと分かってなるほど~~~~って言ってた。
  • 上のは雑に書いていて、先生が橋から一行さんを連れ去るときのカラス(神の手)は先生の意思で動いていて、リカバリーされている世界から飛び込んだ先にいたカラスさんが一行さんなのかもしれない???分からない……。
  • 一行さんの作ったプログラムだったんだなぁというのは観終えてから徐々に認識が深まっていき、帰りにラーメンを食べながらぼろぼろ泣いていた(若干不審者だったかもしれない)。
  • 別のクラスで同じ図書委員だった 勘解由小路 三鈴 さんがどういう立ち位置なのかよく分かっていない。ただの脇役ではないと思ってたけど中盤以降出てこなかった。2047年の誰かが送り込んだ観測装置なのかなーとかも思ってたけど謎のまま。
  • 宇治川花火大会で一行さんが雷に打たれて脳死状態になったというのも、実は本当なのかどうかよく分からないという説もある。
  • 懐しの京都の町並みがたくさん見れてめちゃくちゃ嬉しかった。出町柳に行くという台詞のときは震えた。僕も行きます。
  • 狐面という存在もめっちゃ雰囲気というか空気感を出してくれていますよね。京都という感じがする。
  • 狐面で思い出したんですけど、、、何書こうとしたか忘れた、、、
  • 三本足のカラスって、つまり日本神話上の八咫烏であり神話では神武天皇を先導したわけですが、こちらでも堅書君をいつも導いていましたね。めっちゃ良かった。
  • ラストが個人的にめっちゃ好きなんですよね。どちらかのためにどちらかが消える、っていうの多かったじゃないですか。僕はそれがとても苦手で、せっかくこの辛い現実じゃなくて物語なんだから何とかしてお互いとも救われる話になってくれないかなぁ、と小さいときからそういう物語を見たり読んだりするたびに思っていたんですけど、天気の子でもそうでしたけど、やっぱりみんな救われるの良くないですか???
  • スタッフロール時に流れていた場面の一つに、先生の机の上にあった手紙を千古教授が見つけた……みたいなところありましたよね。あそこもなかなか妄想が捗る場面で、当初僕は2037年先生が手紙を置いていったのかな~と何も考えていなかったんですけど、現実の世界線での出来事だったのかもしれない、とも思えますよね。つまり、先生が一行さんを助けたものの脳死状態になってしまった場面(仮に二人が二人を助けた場合とします)で、先生が病院だかなんだかに運ばれた後、千古教授がふと机を見に行くと手紙が置いてあり、脳死状態の一行さんを助けるには器と精神の同調が必要云々が書いてあり、それを以て千古教授が一行さんにその旨を伝えて今度は先生を取り戻すための研究が始まった……という始まりのシーンかもしれないとかなんとか。
  • 最初の方のシーンで彼女が欲しいだろうという言葉を受けて、最初はクラスに遊びにきた勘解由小路さんが中心かのように写しておいて、帰った後その奥にいた一行さんを実は見ていた的な演出めっちゃ良かったです。
  • 最後の月面シーンは謎だった。何故月の上にいるのか、誰か教えて……。
  • 一行さんはかわいい
  • やってやりました。

他にもなんかありそう。2周目も見たいですね。
ぐちゃぐちゃな文章でしたが、ありがとうございました。

2019夏北海道旅行 2日目

こんにちは、こんばんは、おはようございます、じぇにです。
遅れに遅れて2日目の記事を書こうと思います。
ちなみに1日目の移動距離は396kmでした。

さて2日目はそもそも到着地が未定のまま動いていました。人によっては「ええっ そんなんで旅するの!?」と思われる方もいるかもしれませんが、残念ながらそれが僕の旅の仕様なのです。ガハハ。

先に旅のルートを貼っておきます。
gyazo.com

朝、無の温泉(という名の海岸)を出発しました。前回の記事に貼りましたが、朝見ると少し自然の温泉らしくなっていて、自分たち以外に入りに来ている家族がいました。同行者のこーはいくんは朝4時ぐらいに一人で入って良い景色を独占したそうです。僕はいびきを書きながら寝ていました。ぐがー。

とりあえず函館に向かおうということで、昨晩走った道を逆走します。途中、北海道~本州最短の地である汐首岬を再び通過しそうだったので、車を停めて写真を撮り……相変わらず霧で向こうが見えなかったのか、本州側が写っている写真を僕が撮っていません。

f:id:jf712:20190812080408j:plain
汐首岬

あと岬の下の部分が、昔ここは港・波止場だったんだろうな、という感じの打ち捨てられた場所になっていました。めっちゃいい雰囲気ですね。

f:id:jf712:20190812080558j:plain
旧港

ちなみに階段があって、下に降りられました。
f:id:jf712:20190812080755j:plain

五稜郭

さて、函館に着いたらまず僕の行きたかった場所、五稜郭に向かいました。五稜郭とは中に箱館奉行所があり、それを防備するための施設です。中には箱館奉行所の復元*1施設が展示してあります。
思っていたよりは広くなかったのですが、復元されているのは一部のみということで、地面に「ここは元メイドさんの住んでたところ」「ここは馬が住んでたところ」という風に区画が書いてありました(写真がない……)。

f:id:jf712:20190812095529j:plain
箱館奉行所
f:id:jf712:20190812091529j:plain
廊下
f:id:jf712:20190812091713j:plain
一ノ間(いちばんえらいところ)

五稜郭の外に五稜郭タワーというのがあって、800円という絶妙な値段で上に登れて、おそらく五稜郭を上から写せそうだったのですが、めちゃくちゃ人が並んでいて無言で去りました。朝一で五稜郭には来ていたので、行くならこのタワーを優先して登っておいた方が良かったかもしれませんね。

f:id:jf712:20190812100824j:plain
戦争集結150周年
あとこーはいくんと言ってたのですが、まさか"戊辰戦争集結150周年記念"キャンペーンが始まろうとは榎本武揚土方歳三も思わなかっただろうなぁ、というやつです。

函館にあったマンホールです。かわいいなと思って撮りましたがしっかり「おすい」って書いてありました。

f:id:jf712:20190812101539j:plain
かわいい

ラッキーピエロ

さて、おなかすきになってきたのでお昼を食べることにしました。函館に来たならラッキーピエロでなんとかバーガー食べなあかんやろ、ということになりラッキーピエロを探しました。五稜郭のすぐ近くにあったのですが、なんとラッキーピエロは予約してから受け取りに来るのが主流なのかなんなのか、その場で入って注文しようとするとめっちゃ人は並んでるし、「30分待ちやで」と店員さんに言われるなど、大変な感じでした。
お昼ちょっと前かつ五稜郭のすぐ近くのお店だったので、「ちょっと離れたところやったらいけるんちゃうか」ということでちょっと離れたラッキーピエロを探して、


美原店に来ましたが、ここも30分待ちと言われ、まぁでも並んでなかったし待つか~ということでこれからの旅程を立てつつ待つことにしました。しかし、いざ予定を立てようとしたら10分ぐらいで来てびっくりしました。
f:id:jf712:20190812113343j:plain
ラッキーピエロ
f:id:jf712:20190823114020j:plain
デカバーガー
f:id:jf712:20190812113740j:plain
うまそうなポテト
おいしすぎた。
バーガーには中にでかい唐揚げチックなやつが4つか5つ入ってました。どうやって入ってたんや……。ポテトもこれは有罪と判定されるソースがかかっており、そもそも見た目よりポテトの量が多く、下までしっかり入っててすっかり満腹になってしまった。

食べ始める頃にはすっかり人が増えてきて店の外まで並んでおり、いいタイミングで入れたね、と日頃の行いの良さを感じていました。

ちなみに、


です。

道の駅木古内

さてお腹がいっぱいになったところで、とりあえず西に向かうか(松前城に行きたい)という気持ちで再び走りだしました……が、めっちゃ眠くなってきたので、木古内という場所でこーはいくんに運転を交代してもらうことにしました。
ちなみに木古内という地名は、

「リロナイ」(潮の差し入る川)から転化したものといわれる

らしいです。*2

f:id:jf712:20190812133410j:plain
JR木古内駅
JR木古内駅の前に道の駅があり、えらく人がたくさんいました。
f:id:jf712:20190812133410j:plain
道の駅木古内
道の駅満足度ランキング1位らしく、店の中はかなりごったがえしていました。牛乳を飲んだ気がします。

運転を交代してもらってれっつごー。

白神岬

gyazo.com
北海道最南端の場所です(↑の松前城のちょっと右)。本州青森の竜飛岬というところが近いそうです。

f:id:jf712:20190812151006j:plain
白神岬
f:id:jf712:20190812151022j:plain
見えそう
f:id:jf712:20190812151123j:plain
うっすら何か見える
あれが本州の岬かなぁ……みたいなのが少し見えていました。こうやって見ると近いですね。
f:id:jf712:20190812151632j:plain
時代を感じる
「北海道最南端の地」ですが、特に何か建物があるわけではなく、ただ車のパーキングになっているだけでした。

松前城(松前町)

さて目的の松前城です。
f:id:jf712:20190812155926j:plain
f:id:jf712:20190812155943j:plain
……こうやって見るとおもちゃみたいですね……。
中は完全に展示会場のようになっていて、旧松前藩の資料やアイヌ族長の図(これは期間限定展示)、天守閣の復興の様子などが展示されていました。

松前城には(たしか)全国の桜が植えてあり、4月中はずっと桜が咲いていて綺麗という話だったように思います。現在8月なので完全な緑世界でした。行くなら4,5月だったかもしれません。

f:id:jf712:20190812160250j:plain
そめいよしの

ちなみに北海道で桜が咲くのは(本州からすると)めっちゃ遅くて、まぁ場所によっても少し違うんですが、例えば札幌ならGW中に咲き始めてGW中に散るという感じです。さらに釧路あたりならその後、5月の2週目にようやく咲いてくるか、というぐらいです。びっくりですね。

神大神宮(江差町)

北海道最古の神社と言われるうちの一つだそうです。

f:id:jf712:20190812172936j:plain
神大神宮
思ってたより大きくはなかったのですが、創建は1216年だそうです。すごいですね。御朱印帳を持ってくるのを忘れて取りに帰ろうかと思いました……。

平田内温泉熊の湯、熊石ひらたない温泉(八雲町)

ちなみにもう真っ暗なので写真がありません。


暗くなってきたので、とりあえず温泉入ろうぜということで温泉と書かれていたところに向かいました。ちなみにこの直前にラッキーピエロ江差入口前店に向かっていますが、「待ち時間90分」と言われて敗北しています。

さてこの温泉なのですが、結論から言うと前者は夜に来るところではありませんでした。昨日の敗北にも凝りず、ワイルドなところというのに惹かれて行ってみたのですが、完全に山の中で真っ暗で、脱衣所はあるものの虫さんがたくさん、脱衣所まで行く途中には蛇が歩いている、という感じでした。一応お湯が出ているところまで歩きましたが、「よし、ここがお湯だね!じゃあ帰ろうか!!」って一瞬で帰りました。一番怖かったのはやはりヒグマですね。途中にも「ヒグマ注意」っていう看板あるし……。

大人しく少し南下したところのあわびの湯ってとこ(普通の温泉です)に向かいました。湯船は良かったんですが、流せるお湯の絶対量の上限があるのか、シャワーがほとんど出なかったです。ちょうど大人数の団体客とタイミングが被ってしまったのもあるかもしれません。

ここからどこに向かうか、という話になったんですが、とりあえず洞爺湖に向かうことにしました(とりあえずで行く距離ではない気がする)。
gyazo.com
左下で変に動いているのが↑の温泉のところです。

洞爺湖(洞爺湖町壮瞥町)


途中までこーはいくんに運転してもらい、八雲の高速手前で僕に交代という感じでいきました。八雲町を横断しましたが、広いですね。あとこの横断道は結構な峠だったので運転ありがとう~~~という感じです。おつかれさま。

洞爺湖には0時過ぎに着いてるみたいですね。道の駅で車中泊してこの日は終わりです。メーターが832.8kmだったので移動距離は436.8kmだそうです。よく走った!

これで2日目の記憶は終わり!3日目以降も書いていこうと思います!

*1:箱館奉行所自体は一度全解体されてしまっている

*2:地名の由来|北海道木古内町観光情報より

2019夏北海道旅行 1日目

こんばんは、じぇにです。

今回は休みを取って、8/11~8/20まで北海道を一周する旅行に出かけていました。
去年の夏は遠野に、今年のGWは諏訪に旅行していたわけですが、そろそろ北海道に住んでいる間に回っておこうと思っていたところに、ちょうど長い休暇が取れたため、決意した次第です。
これから旅の記録を書いていこうと思います*1

というわけで1日目です。と言っても1日目は特になにもないのですが……。

18:00に札幌駅の日産レンタカーのお店に行きました。今回はシルフィでした。今まではよくエクストレイルを借りていたのですが、予約したのが少し遅かったのもあって車の空きもなく、クラスをグレードアップした車になりました。
クラスが上なだけあって、少し広さがあり運転も休息もしやすい車でした。特にアクセルを踏んだときの加速が良かったです。
ちなみに最初からこーはいくんが一人同乗していました。大分運転してもらいました。ありがと~~。

gyazo.com

18:00に札幌を出て、高速の道央道をひたすら南下していました。↑のスクショ(Google Mapのタイムライン)がバグっていますが、普通に札幌から苫小牧→室蘭→長万部→八雲→函館と、特になにもなく真っ直ぐ向かいました。途中こーはいくんにも少し運転してもらいました。


23時過ぎに函館に着いてたみたいですね。前から聞いてはいたのですが、函館は結構道が十字・碁盤の目にはなっていなくて、どこに進んでいくのか分からない感じが良かったです。


函館山からの夜景は、NHKとかでよく写るのを見るとかで有名かと思います。僕もその夜景を取りたかったのですが、ものすごい霧が出ていて、全く何も見えませんでした。今回の旅は霧がよく出ましたね。
山を登っている途中、帰り道側(反対車線)で木々の隙間が少し開けているところがあって、そこに車を止めて写真を撮っている人たちが何人もいる場所があって、「なんでここで撮ってるんやろねぇ」とか言ってたんですけど、途中から霧が出てきてよく分かりました。案の定頂上だと上のような光景で、なるほど帰り道のあそこで取ればいいのかーとなりました。

ちなみに函館山は17時~22時までは車での登山は規制されているので注意です。

目的の函館山に行けたので、さぁ寝ようと思いました。
ちなみに今回の旅(というか毎回なのですが、)は宿を一つも取っていません。理由は、まぁ夏だし車中泊もできるやろという気持ちと、宿を取っていると何時までにそこに行かなければいけないという制約が発生し、とにかく気になったところに何時でも良いから寄るという僕の旅行の仕方とかなり噛み合わないためです。
よく本州を旅行するときも、24時間営業の温泉とかに雑魚寝することが多く、今回もそうしようと思っていました。一日目から甘い希望は粉砕されましたが……。


途中、北海道~本州最短の地があったので写真を取っています。

f:id:jf712:20190812002949j:plain
北海道~本州最短の地
暗かった+霧で何も見えませんが、僅かに本州側の灯台の光っぽい何か光は見えました。

函館から少し(1時間ほど)東に行ったところに温泉があるとのことで、そこで一晩過ごそうと行ったのですが、着いてからなにか不穏な感じでよく見てみると……


という状況で、時刻は深夜2時、潮は満潮なので入れない、そもそも建物も何もない(脱衣所のみ)という状況でした。ちゃんと調べてから向かいましょう!!!!!!!

ちなみに↓が次の日の朝に撮った写真です。人が入っていてお風呂っぽくなっていますが、夜はここが全部海の中に浸かっていて、何もありませんでした。

f:id:jf712:20190812062945j:plain
おふろ


そこの駐車場に自分たち以外にもう一台車が停まっていて、中に人がいそう(寝てはりそう)な雰囲気だったので、そこで一晩寝ることにしました。

1日目は終わり!!!!
2日目以降も書いていこうと思います。

*1:本当は旅行中に書こうと思っていたのですが、ノートPCを持っていくのを忘れていて……

近況

スマブラSPばかりしています。
でも、全然勝てません。

どうやったら上手くなるのでしょうか。
負けるのが本当に悔しくて情けなくて、負けた時は歯を食いしばり髪を引きちぎりながら泣いています。
泣きながら、負けた理由、相手キャラのメモを取って書いてはいますが、一向に勝てるようにはならないし、いつまで経っても勝てません。ただただ無為な時間が過ぎていきます。

というか、なぜこんな気持ちでゲームをしているのでしょうか。本来ならばゲームとは楽しみながらやるものなのではないでしょうか?それをなんでこんな惨めな思いをしてまで……。
目標がないのかもしれません。別に世界で優勝しようなんてこれっぽっちも思っていないのです。
(たいていやっているのは1vs1なので)必ずどちらか片方が勝ち、片方が負ける話なのです。そこのところで、どの程度勝てば僕は満足するのでしょうか。果たしてどこまで勝てば僕は自分を認められるのでしょうか。分かりません。分からないのが問題なのかもしれません。

でも、そういう設定を自らに課したのならば、これはやるしかないのでしょう。やってやって、やった先に何かがあるかもしれない、と妄信して……。

このブログにも100億回ぐらい書きましたが、僕は本当に要領が悪いので、ヒトが10日でできることに、100日ぐらいかかります。それで上手くなるのも遅いのでしょう。モチベーションを保つうえでは致命的です。はぁ、本当に死んだ方がマシ。

死んでしまえればどんなに楽なことか!この、今まで書いてきた、考えても仕方ないことについて、ウジウジ悩まなくてすむでしょう!死んだことがないので、死後の意識は分かりませんが。

感情を乱さず捨ておき、ひたすらに理性のマシンとなって練習します。