読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霊安日記

jf_nights の霊安草子。

第12日目 楽園追放

こんばんは。じぇにです。
これは じぇにの師走徒然伝2016 Advent Calendar 2016 - Adventar の第12日目の記事になります。

さて今日は(と言っても今日既に3つ目の記事ですが)、こちらになります。
f:id:jf712:20161212232605j:plain
そう、同じみの『楽園追放』です。2014年11月15日公開だそうで。

このブログの過去の日記によると、同年12月6日に観に行ってるらしい。なんか記憶では公開からもっと経ってから行った気がするんだけどな。
楽園追放をまだ観ていなくて、ネタバレは御免だ!という方は以下をご覧ください。
nna774.net

Blu-ray自体は数日前に入手したのだけれど、残念ながらドライブが対応してるかどうか確認し忘れてて、案の定対応してなかったので、今日ヨドバシで買ってきました。
購入したのはこれ。

値段を見たら税込特価8000円って書いてあって、ゴールドカードにコツコツ溜めたポイントが3000ちょっとあったので、まぁこれにしよっかなってレジに持っていったら何故か7500円ぐらいだった。不思議。
家に帰ってさっそく鑑賞会。これで4回目かな?

いやーやっぱりいいですね。神。いいところポイントを書いていきたい人生だった。

  • 冒頭、フロンティアセッターによるハッキングとそれを追いかけるアンジェラ

電子世界への没入って感じでいいですよね。背景とかがいい。大好きです。最高。

  • アンジェラが自身のマテリアルボディの感触を確かめるため?に、ちょっと幼なめのボディになって、元のボディと組み手?するところ

コピーボディの現れ方及び、終わってからのアンジェラの消え方がかっこいい。大好きです。最高。

  • アンジェラ vs サンドワーム

僕はロボットモノは別に好きではないのですが、普通にカッコよかった。

  • ロックに対するアンジェラとディンゴの会話

「骨で感じるんだ、ビートをよ」
曲を聴くってのは、やっぱり魂の鼓動を感じることなんですよね。うんうん。

  • 車の中の寝不足アンジェラ

可愛いですよね。後のディンゴのセリフにもありますが、体調が良いとか悪いとかいう感覚がなくて、そういうものだと思ってるんですよね。最高。

  • 過労で倒れてしまったアンジェラを看病するディンゴ

この辺の会話がとてもいい感じ。夜中にディンゴが屋根の上でEONIANを唄ってるところにアンジェラが話をしに行って、そこではまだ会話を打ち切るディンゴがいいですよね。最高。

  • そばっぽいのを食べてるときのアンジェラの顔

かわいい。。。

  • 謎の取引の偵察のためにカメラを高い建物の上まで運ぶアンジェラ

音楽がザ・それって感じ。階段が上まで延々と続いていたり、行き止まりだったり、やっと屋上についたっていうシーンそれぞれを、観ていなくても想像出来る(一度は観ていないと分からないかもしれないけど)ぐらい音楽って感じ。最高。

  • フロンティアセッターとの初会合

ここのセリフは何度目でも僕は泣けてしまう。宇宙船の建設アプリケーションがアップデートの末に自我を獲得、という最高の設定に涙しない人はまぁいないでしょう。さらに彼は自己の存在証明のために、外宇宙探査計画を100年感ずっと続けてきた。ひゃっはー。大好きです。最高。

  • フロンティアセッターにとっての好き

「ノイズでありつつもプロセッサーの働きを早めるものであり、それが『好き』という感情だということを理解するには長くかかったが、そのことが自我に気付くきっかけになった」
神か。最高。大好きです。

この辺のフロンティアセッターの存在が、僕を楽園追放を好きだと言わしめる最大の要素かと思われます。

社会という大きな檻に閉じ込められている。つらい。

  • アンジェラの報告に対する高官たちの対応

この辺もまさに、って感じですよね。一番最初に映画館で観ていたときは、このシーンが来るまで、あれっ事件解決やんけ、って思ってましたが、さすがにそんな単純なお話じゃないですよね。

  • フロンティアセッターがアンジェラを助けに行く時の(名前忘れた)なんとかいう感じに偽装してポリゴンキャラになるところ

かわいい。。。

  • 最新型アーハンで地球まで行くところ

単純にバトルシーンかっこいい。あとフロンティアセッターがシステムを解析して演算バックアップを完了させる瞬間もめっちゃ好き。最高。

  • 仁、義

仁、義(ヒョイヒョイ

ディンゴが最後までやるだけやろうというシーンの曲
あの曲もなかなかすごい。自分たちにはフロンティアセッターのロケットを飛ばすんだという目標があるってのが伝わってくるメロディと音色だと思いました。最高。

  • 街中バトルシーン

ディンゴはいつの間にあんだけいろいろ用意出来たんだ。アンジェラの顔がすごい。
星空の下での会話あたりからのアンジェラの表情が豊かになったように思います。
あと戦闘シーンの曲も全部最高ですね。

  • 無音

あのシーンは未だによく分からないけど、なぜか涙が出るシーン。なんでですかね。
ただここなくしては『楽園追放』ではないんだろうなぁ。うーむ。最高。
まだまだこの世界には知らない世界がたくさんある!

  • フロンティアセッターが地球を飛び出してからのディーバの高官たち

ますます統制を強めなければというセリフがなるほどーという感じですよね。最高。

  • 最後のフロンティアセッターが唄ってるところ

最高。

以上、最高のシーンを思い出すがままに書き出しました。
僕はあまり頭がよくないので、こういった映画からの構図やらメッセージやらはあまり考えてないのですが、非常に面白い作品だったと思います。
人間とは、という感じがありました。フロンティアセッターが一番人間臭い、という話だった気もしますし、しかしディーバではメモリの確保に必死になり名声を獲得するというのはこれぞ人間臭いのではないか、と思いもいたしました。分かりません。
アイディンティティについて、考えさせられる感じもいたします。

ディンゴとフロンティアセッターがEONIANで打ち解けているのをアンジェラが、なんていうんでしょうか、恨めしそうな表情で見ているシーンもなかなか素晴しいんじゃないかと思います。

EONIANはいろんなバージョンを聴きたいですね。
アンジェラというキャラはなぜか可愛い。おっぱいちょっと大きいけど……。

あと、ディーバでの本能を超越した快楽、味わってみたいです。

さて、結局何もまとまらず、散逸した文ばかりとなりましたが、現場からは以上です。あと100回ぐらいは観ようと思います。