読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霊安日記

jf_nights の霊安草子。

第8日目 ぱんつぁーふぉ~

こんばんは。じぇにです。
これは
じぇにの師走徒然伝2016 Advent Calendar 2016 - Adventar の第8日目の記事です。

昨日はいろいろあって書く暇がありませんでした。
何をしていたかというと、ガルパンのTV12話をずっと観ていました。

えっこれだけせんしゃせんしゃしといて観てなかったんかい!と思われるかもしれませんが、それは正しくもあり、また正しくないこともあるのです。

はるか昔、大学のサークルの部室で一人でうつらうつらと舟を漕ぎながら適当なプログラムを書いていたところ、とある先輩がニコニコしながらやってきました。
ガルパンの上映会をします」
部室には僕とその先輩だけですが、まぁ(他のサークルでどうか知らないけど)うちのサークルでは誰かがBlu-Rayを持ってきて上映会と称して鑑賞会が開かれることはよくありましたし、たまには一人のこともあったでしょう。
兎にも角にも、ガルパン上映会が始まりました……のですが、僕は知らない間に寝てしまい、たまにはっと起きて鑑賞しながらもまた眠りに誘い込まれる、という感じで、なんとなく話は分かってるんだけど細部までは分かってないという状態でした。
でちょうど目が覚めたのが、決勝でお姉ちゃんのお尻に弾をぶち込んだ瞬間でしたので、最初と最後だけをちゃんと知っている最悪な物知りだったのです。

ちなみにその頃はまだせんしゃしてなかった気がする……。

で、これまで何度も「あーガルパンちゃんと観たいなー」などとは思い、友人との会話で口にも出していたのですが、やっぱりアニメ全話を一気視聴するのは、何かこうその時の気持ちのタイミングみたいなのが必要なのは皆様よく御存じかと思います。昨日はたまたま全てが上手くかっちりはまり、無事全話視聴に漕ぎ着けたわけですね。

感想としては、王道の良い話だと思いました。(こなみかん
なんというか、時間とか足りなかったんやろうなぁ……って最初に思いました。特にアンツィオ戦は手に汗握る怒涛の展開だったし。
まぁもちろん細かい事を言い出すとキリがないし、僕個人的にはそういうのはわりとどうでもよくて全体として面白かったらええねんという感じなので、最後まで観て感想の一言目に「あーおもしろかったなぁ」って出てきたらいいんじゃないかなぁと思っています。
で、その後に「この部分はこうこうだったよね」「あの部分はこれこれだった」と誰かと語り合えたら、作品って面白いし作品がその人の中で生きてるんじゃないかなぁって感じです。2,3ヶ月に1回ぐらい、夜中に寝ずに少人数でとりとめのない話をして、気がついたら朝の6時生活はなかなか楽しかった。

12話分しか観てない(というか総集編は観てない)ので、そのうちアンツィオ戦とかあと劇場版も観たいですね*1
TLに流れてくるガルパン(というか昨日全話観るまでは、昔部室で観た時の記憶よりTLに流れてくるガルパン情報の方が僕の中にイメージが強かった)を観てるとエリカさんとお姉ちゃんのキャラがすごくたってるし面白そうなんですが、TV版だとお姉ちゃんはともかくエリカさんはただの嫌な人だったので、劇場版でどう出てくるのかなとかなり楽しみにしています。あるいは、本編であまり焦点を当てて描かれなかった分、二次創作的な方面でみんないろいろ考えているのかもしれない。

あと、World of Tanks脳のせいでしょう、大洗学園が他の学校に勝てる要素が皆無に見えました。Tier的に無理でしょ!という、おそらく戦車兵ならば全員口にしたであろうツッコミを、僕もやってしまった。WoTを知らない人向けにテキトーに説明すると、小学校ワルガキ軍団がイタリアのマフィアに素手で向かっていく感じです。ほんまか。
戦車がわりと砲弾1発で沈んでたところをみるに、WoTというよりはWarThunder的なシステムな気がするな。
ちなみにガルパンを観る直前に実は戦車を起動したのですが、気の迷いで買ってしまった新実装のスウェーデンの戦車が6戦目で自走にワンパンされて萎えてそっ閉じしたのがガルパンを観るキッカケでした。人生何があるか分かりませんね。

常日頃から何か考えているわけではないので、アドベントカレンダーも予定を立ててからさて何を書こう……って思ってましたけど、なんか自分が触れた作品についてちょこちょこ書くだけで一日分とすることが出来るので結構便利ですね。

*1:劇場版は「本編を観てないうちに観るのもなぁ」とか思ってる間にずるずる来てしまいました。僕自身そこまで観たいとは思っていなかったんでしょう。人間の「何かしら言い訳を用意してアクションを起こさない」という、よくありそうな行動です。