読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霊安日記

jf_nights の霊安草子。

status.to_h

ruby Twitter 雑記

なんやかんやで Twitter の TL って保存しとけばなんかに使えるんじゃないかなぁっていつも夢見ている自分だけど、いざ保存するとなるとどの情報を保存しておくか(後で使えるのはどういう情報か)みたいなことを気にしてしまって、その度に頑張って status の中身を見ていちいちデータを選んでた。

ただ最近(去年の春頃)、stream で流れてくる status の中身を(自分の目で)見ようとしても全部オブジェクトになってて、いちいち指定しないと生データが見れなくて辛い気分だった。
f:id:jf712:20150410160614p:plain
うーんうーんと唸ったりして1年くらいほったらかしてたんだけど、つい最近、とあるこーはい君と
「2次マルコフ飽きてきた」
「3次作りましょう」
「よっしゃ頑張るか」
みたいな会話をしてて、僕はぼーっとしてたんだけど、なんか次の日の夜くらいに既にそのこーはい君が作ってて、あわわ~~~~wwwって思った次第。
で、3次マルコフを作ろうと思ったんだけど、生データをそのまま保存しといた方が(たぶんおそらくmaybe probably)後から他の用途にもいろいろ使いやすいなーと思って、そういやデータ選んでたなぁ……とか思いつつふと status.to_h ってしてみたらこんななった。
f:id:jf712:20150410174159p:plain

おお。ええやん。

ついでに保存先についてなんだけど、昔は MongoDB 使ってデータを保存してたんだけど、なんかそれもめんどくさくなったから、
/home/jf712/local/log/twitter/%Y.%m.%d.json
とかで保存しちゃえばいいんじゃないの、って思ってそうした。

github.com

なんかGitHub覚えたての中学生女子みたいなリポジトリですね。
3次マルコフはまだです……。