読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霊安日記

jf_nights の霊安草子。

夏休みギラギラ太陽日記 ~ 14日目

間が空きすぎてわからなくなってるけど、たぶん 8/20 あたりを書けばよいんじゃないでしょうか…
しかしTweetを見返しても「おはあり」と「疲れた(おそらくブログを書いたのであろう)」、「夜寝する」しかなくて意味不明である。

このときから風邪の予兆があったのかもしれない。

サークルのIRCの個人チャンネルのログの方を見たら、DXRuby をインストールした、みたいなことを過去の自分が書いてた。
DXRubyさん、Ruby2.0まで対応してるのに作者様の環境が32bitだからという理由で32bitのRuby上でしか動かないらしい。仕方なく32bitのRubyWindows上に入れることにして動かすことに。まぁWindowsRubyとかそこらへん使うのは、こういうときしかないし何が入ってても関係ない気はする。
なんでDXRubyなんてものを入れたかというと、霊安京のプロトタイプを作り始めたからだ。僕は新しいことを覚えるには頭が悪すぎ*1て、それでもなんとかRubyだけは使おうとしてなんとか使えるレヴェルにはあるので、じゃあRubyでプロトタイプでも作るかーと考えた。

「新しくゲームを作るときは迅速にプロトタイプを作れ」という言葉をよく聴くように思う。これは本当にその通りだと思う。思うけども今回は別にそれに則ってるわけではない。なぜなら、面白いのは分かりきってるからだ……!

と、まぁそれくらい思い込みをしとかないと、やる気がもたない。いや、やる気はとうの昔にどこかへ雲散霧消してしまい、跡に残っているのは満月もびっくりするぐらいすっからかんな僕の頭と、ガラクタよりも役に立たない僕の手足とか耳とかそういう各パーツである。果たしてそんな有象無象が寄せ集まってゲームが作れるのか甚だ疑問ではあるものの、まぁ作ると決めたんだから作らないとどうしようもない。

霊安京を作る気概というのは、「この世界を世の中に出したい」という思いが第一にあり、それがだいたい「作る気」の60%ぐらいを占めているのだけれど、残りの40%の中には、ある意味では邪とも言える気分が混ざっていたりする。その中で筆頭となるのが「見返したい」という気持ち。まぁその真意はともかく、「え(www)?(じぇにふぁーがそんなん作るの)?無理でしょ(www)?」という意見をまぁ幾人からありがたく頂戴している。これを受けた僕の気分は「くっそー」というのと「まぁそうですよね~」っていうのとで2つあってどっちも共有している。実際何クソ感はあるけれども、現実問題として(少くとも今現在の)僕が作り上げられるようなモノを遥かに超えたモノを作ろうとしてるわけであって、さらにそれは自分だから一番分かっていることでもある。だからまぁ、そう言われるのも至極当然だよなぁという気分は普通に持っている。
ただ、それはそれとして、作りたいと思ってしまったのだから作るしか道はないわけであって……。

あとまぁ、これはかなりいらない気分なんだけど、ちょっぴりわずかに承認欲求みたいなのも含まれている。僕はTwitter等で現実には知らない人たちと繋がっているわけだけど、ここで人を見るフィルターとしてその人が何をやっているか、という観点が、まぁ個人差はあるけれども、人を値踏みし自分の中で付き合い方を選ぶ一つの手段として存在する。具体的な例を出すのはやめておくが、その中ではどっちかというと僕は何もやってないただの人間で、そういう見方を他人から感じることがまぁたまにある。そういう時やっぱり上述した何クソ感に似たものを感じることがあって、ただ何もやっていないのは現実として自分に突き付けられてくるわけで、あ~~~~~~~~ってなる。かっこ悪い。だから何かモノをそれもそれと認識されるようなモノをバーンと作ってしまえばいいんじゃないかなーと。ただこれはあくまでも副次的な思いかなぁ。それを目指してしまうと何かが壊れてしまう。あくまでも作った結果としてついてきたらきっと嬉しいかなーくらいの。


あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー絵描いてるってステータスは本当に凄いと思う。

*1:別にRubyを書いてる人は皆頭が悪いとかそういう意味じゃないです。念のため……